ゲロスカ女社長登場! 本シリーズでの社長の登場はVOL1以来ですが、なんといっても社長というものは部下に理不尽のかぎりをつくすもの。今回の真波ゆき社長は、ゲロと鼻水を社員に飲ませ、食わせるのが大好き。特に新入社員にはご執心で、オエッ、オエッと四六時中吐き続ける社長。口の下の社員はいつしかゲロ袋となり、ドロドロ人間に。しかも、頑張ったご褒美が、ウンコ食え! では、社員の人格は完全に崩壊してしまうのでした。


撮影会の途中に気を失った人気コスプレイヤーあや。目を覚ますと、ファンの男に拘束され監禁状態に。やがて我慢できずに男にカメラを向けられたまま恥辱の脱糞をしてしまい…監禁、緊縛、中出し、浣腸…歪んだ性癖の男に調教され、レイヤーにとっての最大の恥辱を受けていく。コスプレ衣裳を自らの排泄ウンコでグッチョグッチョに汚され、身体も徹底的に犯し尽くされ、堕ちていくコスプレイヤーの監禁調教の記録…。


青山真希が決意の初レズスカトロ作品挑戦!相手は共演経験もある立花リク。相手から出る汗、愛液、尿、排泄物の全てを受け入れる、愛に満ち溢れたスカレズをドキュメントで赤裸々に追う。相手の綺麗な部分も汚い部分も全て受け入れないと成立しないスカレズ。二人はその限界を超えて愛し合えたのか?それら全てをひっくるめたヒューマンドキュメンタリー作品。


ゲロスカ痴女シリーズにベテラン女王様の黒田麻世さんが出演。自ら体液の交換こそ女王と奴隷の至上の関係と説く真性マニア女性だ。唾、鼻水、痰に始まり、小便、ゲロ、糞と「出るものは飲ませる、食わせる」にこだわった人間便器作品となりました。特に麻世さんが重要視したのがウンコの形状。今回は一本糞を丁寧に出す…をテーマに見事に奴隷の口中にひり出します。小便のしみ込んだパンティーで顔騎のような粘着的フェチ映像や汚物を奪い合う醜い家畜映像までマニアックなものが満載。


人間便器インストラクター杏菜のもとには全国のS女性から所有M男の便器改造依頼が舞い込んでくる。最終目的は黄金完食。そのために作られた杏菜のプログラムはM奴隷たちにとっては想像を絶する厳しいものだった。もちろん、便器改造は杏菜自身の趣味でもある。大便だけでなく、小便、痰、ゲロ、オリモノ…なんでも受け入れる総合型便器が杏菜の理想だった。人間排泄マシーンと化して嘔吐、排便、分泌を繰り返す杏菜の姿はまさに汚物女王にふさわしいものだった。


ゲロスカ痴女シリーズ最強の極悪非道コンビによる糞便、嘔吐責めの極致。会社を舞台に、二人の鬼畜OLが男子社員、取引先営業マンに理不尽な要求を突き付け続けます。ゲロを食え!糞を食べろ!そこにはSMプレイ的な「愛情」はみじんもありません。あるのは、ただ冷酷な指示だけ。もちろん、男たちに拒否する権利はありません。言われるがまま、ゲロ食い、糞食いする男たち。あまりの量に吐き戻しても、「食え」と冷たく言われるのみ。ありえない過酷理不尽世界です。


あの究極の醜悪映像、ゲロス・シリーズのハイライト・シーンである「M男のスカトロ・パッケージ」を集めて1本にしたオムニバス映像。まだ見ていないマニアは必見。ものすごい嘔吐、ほとばしる小便、ブリブリ排出されるウンコ。それら汚物と共にゴミとして梱包されるM男たち。人間便器の中でも、もっともみじめな姿がそこにあります。しかし、その行為は女性からの愛情表現でもあります。愛するがゆえの残酷…。ぜひお楽しみください。


女王様の聖水をいただけたら…。そんな甘い妄想を抱いているM男性にはこの作品はハードすぎるかも。本作での聖水シーンはすべて、強制飲みを伴っています。「いじめ」「責め」「拷問」としてのオシッコなので、飴と鞭にたとえるならすべてが鞭。オエッとなろうが、大量すぎてお許しを乞おうが絶対に許されません。飲みなさい…と言われれば、NOという返事は選択肢になし。次から次にS女性たちがM男にオシッコを飲ませるシーンのオンパレードに、胃の中がガバガバになる錯覚さえ起こします。究極の強制飲尿マニアック。


[F15-08] Japanese Scat

 May, 31 - 2017   no comments   Scatting

「うんこが我慢できない!でも誰にも見られたくない!!」トイレが無い場所で困った女。 切羽詰った女は茂みに入り込んでも安心できないのか、完全にはしゃがみ込まず中腰の姿勢でパンツを下ろすと同時に野グソを始めた。その瞬間を逃すまいとカメラは追い掛ける。 野外での排泄姿だけでも赤面物なのに、中途半端な体勢によってわざと挑発しているかのように魅惑のヒップを突き出しお尻の穴やマ○コまで丸見えになっている。人に見られたら恥ずかしいから・・・と思っているのであろうが、余計恥ずかしい姿になっているオマヌケな所も愛らしい。


Page 10 of 15« First...89101112...Last »